比較して会社を選定

男性

お金に困った時に使えるキャッシングですが、利用するなら便利なサービスがついていた方がお得感があります。キャッシング会社も沢山ありますので、比較するポイントを参考にしながら選定します。比較をする時真っ先にしたいのが金利です。金利が安いか高いかで返済訴額が変わってくるといっても過言ではないでしょう。キャッシングは少額融資が一般的なので金利が高くなると逆に損する可能性が高くなります。大手は基本的に金利を最低3%に設定しているので返済額もそこまで高くなることはありません。一方最高金利が18%と高くなりますが、これは融資限度額が小さいことと審査が通りやすいことが要因とされています。

キャッシングの融資限度額ですが、一般の消費者金融だと10万円から30万円になっており、銀行でキャッシングをした場合だと100万円になります。カードローンのように500万円とはいかないもののすぐ融資を受けたい時に使うのなら10万円でも十分ピンチをカバーすることができます。尚、限度額が少ない点も借り過ぎたい対策が講じれるため借金が膨らむ心配がありません。そのため限度額が小さいからデメリットだとは言い切れないのです。融資限度額で比較をするなら、今後の返済を含め考えるべきと言えるでしょう。尚、早急にお金が必要な時は初回の融資限度額から比較することになります。

最後の比較は返済方法です。消費者金融では返済方法にスライド式と定額のぼるビング式を採用しています。しかし、二つ同時に使って返済をすることはできないため、ライフスタイルに合わせた方を選ぶようにしましょう。

PICK UP

無利息が便利

クレジットカード

カードローンに加入する場合は、ランキングの情報をチェックしておくことが大切です。また、無利息のタイプもあるので、金利を気にすることなく利用したいという場合にチェックしてみよう。

詳しく見る

無理のないペースで払う

積み木

住宅ローンに加入する場合はどれくらいのペースで支払うのかについて考えておくことが必要になります。また、ネットからでもシミュレーションが出来るため、事前にチェックして決めることが大切です。

詳しく見る

限度額を決められる

クレジットカード

キャッシングを利用するという場合は、どれくらい使用するのかについて限度額を決めておくことが必要になります。年収によっても設定できる限度額も変わるので、違いに付いて把握することが大切です。

詳しく見る